相続相談室 in 和歌山

相続って何?どうすればいいの?そんなお悩みにお答えします。 神山和幸行政書士事務所(和歌山県和歌山市)

タグ:相続手続

法では、ご家族が亡くなられると同時に、「相続」が開始されると定められています。
では、相続が開始されて、遺産の分割手続がすべて終わるまで、どのような手順を踏むことになるでしょうか?

◎遺産分割の流れ
①相続人の調査・確定 亡くなられたご親族(被相続人)の相続財産(遺産)を確定する前にすべきことは相続人が誰であるかを調べ、確定させなければなりません。金融機関(預貯金、証券など)、法務局(土地や建物)などに手続をするには、相続人全員の同意が必要です。一人でも相続人となるべき人に漏れがあると、手続はできません。法律で定められた相続人が誰であるかを確定するために、戸籍関係の公的書類(戸籍謄本等)を取り寄せます。

②相続財産の確定 相続財産すべてを調べます。もし手続きがすべて完了した後に、未確定の相続財産が見つかった場合、また遺産分割の手続をやり直さなければならないことがあります。
 具体的には、預貯金、証券、自動車、土地・建物など、被相続人の財産をできる限りすべて調べ、全相続財産を確定します。

③遺産分割協議 相続財産の分割には、民法という法律に定められた割合で財産を分ける方法、そして話し合いにより決定した割合で財産を分ける方法があります。いずれにせよ、遺産を分ける割合や方法を決めて、それを文書(遺産分割協議書など)にします。

④相続財産の引き継ぎ手続 ③で作成した文書をもとに、遺産の承継手続を行います。
 ・金融機関等⇒預貯金、投資信託、証券、保険関係
 ・法務局 ⇒土地、建物
 ・運輸局 ⇒自動車          ・・・など

⑤相続税の申告 相続税の申告が必要な場合には、相続開始後10か月以内に相続税の申告を行います。


souzokuhiyo


相続にかかる費用はおおよそ以下の通りです。
①「誰が相続する人かがわかる書類」がわかる書類
 戸籍謄本等は一通ごとに費用がかかります。被相続人が数代前の方であれば、その方の生まれた日から亡くなるまでに、子、孫、ひ孫・・・とつながっていきますがそれら全てを揃えねばならないため、それにかかる費用、集めるために要する費用も必要となります。
②登録免許税
 土地や建物を相続する場合、法務局に登記申請をしなければなりませんが、それには登録免許税がかかります。その額は固定資産税評価証明書をもとに、原則的にその価額の1000分の4となります。また、自動車の登録の際にも当局に支払う費用がかかります。
③金融機関等に支払うお金はあるの?
 口座の名義を書き換えたり払い戻したりする場合には費用はかからないでしょう。しかし、遺産の総額を計算するために、口座や金額を特定したり残高証明書や取引明細を取り寄せたりする必要があります。それにかかる費用は金融機関によって異なります。
④当事務所への費用
 当事務所に依頼する際には、①~③の書類を取り寄せたり、遺産分割協議書を作成したり、申請書を作成したりするのには費用がかかります。お気軽にお問い合わせください。


↑このページのトップヘ