1.戸籍謄本等に代わる登録制度について

韓国を本籍地とする方々については、平成20年(2008年施行)より戸籍に代わり、以下の改正がなされています。なお、この制度は韓国での制度であり、韓国籍から日本国籍に帰化された方についてはお問い合わせください。


「家族関係登録等に関する法律」により、個人別家族関係登録制度が編成されました。

また、これまでの戸主制度が廃止されました。また本籍地に代わり、登録基準地の概念が導入されました。

2.各種証明書の変更

コンピューターで管理される家族関係登録簿から証明の目的別に下記の5種類の証明書を作成し、本人だけでなく本人以外の個人情報の公開を最少化します。

 

①証明書の種類

 共通事項として、「本人の登録基準地」「姓名」「性別」「本」「出生年月日」「住民登録番号」がどの証明書にも記載されています。

・家族関係証明書・・・父母、配偶者、子女の人的事項[記載範囲-3代に限る]

・基本証明書・・・本人の出生、死亡、改名等の人的事項(婚姻・入養・養父 別途)

・婚姻関係証明書・・・配偶者の人的事項および婚姻・離婚に関する事項

・入養関係証明書・・・養父母又は養子の人的事項および入養・破養に関する事項

・親養子入養関係証明書・・・親生父母・養父母または親養子の人的事項および入養・破養に関する事項

 

※取り寄せた各証明書は韓国語で記載されていますので、別途翻訳手数料が発生します(翻訳家に依頼します)。

※推定相続人内に2007年12月31日以前に帰化した人、死亡した人がある場合、家族関係証明書には載っていませんので、相続等の手続きでは必ず除籍謄本を取り寄せなければ正確な家族構成がわからないという点にご留意ください。


神山和幸行政書士事務所(073-460-5478)
和歌山県和歌山市
相続・遺言